売るときに提示した個人情報って悪用されない?

リサイクルショップで買い取りを希望した時に、査定前に身分証明書の提示(免許証コピーも取っていました。)と住所・年齢・電話番号を別紙に記入を言われました。

買い取り価格が提示されましたが、希望額と開きがあったのでキャンセルしました。そこで、査定時に記入した個人情報の用紙は、どうなるのか?と思い店員さんに聞いてみると、「これは、その日の買取等の集計に使っていて、集計が終わればシュレッダーに掛けます」と言われました。
面接の為の履歴書でも、返送されるのに、普通に返してもらえるものだと思っていました。買い取り成立後ならわかりますが、取引が成立していないのに個人情報だけは返せないと言うのは普通なのでしょうか?そして、一度提出した個人情報というのはどうなるのでしょうか?悪用などされないのでしょうか?
まず、古物営業法より抜粋しますと、
第15条(確認等及び申告)
古物商は、古物を買い受け、若しくは交換し、又は売却若しくは交換の委託を受けようとするときは、
相手方の真偽を確認するため、次の各号のいずれかに掲げる措置をとらなければならない。
1.相手方の住所、氏名、職業及び年齢を確認すること。
2.相手方からその住所、氏名、職業及び年齢が記載された文書(その者の署名のあるものに限る。)の交付を受けること。
と、なっています。法律では「受けようとするとき」となっており、「買い取ったとき」ではないので、「査定」だけでも個人情報の収集・確認は合法です。
そして、その情報の管理は「個人情報の保護に関する法律」に従えば良いと言うわけで、返却する義務は無いと言う事になります。
しかし、返却の義務は無いからと言って簡単に個人情報を提示するわけにも行かないので、個人情報の記入を言われる時に、下記のような個人情報についての取り扱いの説明を十分に受けた上で、記入するようにしましょう。
もしも、説明がない場合は、後のトラブルを避けるために、個人情報の取り扱いについて説明を求めてから記入しましょう。

個人情報を利用する目的
当社は、お客様からお預かりした当社業務に必要な個人情報を、以下の目的で利用しております。
1. お客様にご依頼いただいた商品の売買目的。
2. お客様とのご連絡する目的(お客様の問い合わせ等に対応が求められる場合など)
3.当社がお客様からお預かりする情報
氏名
e-mailアドレス
住所
電話番号
FAX番号
携帯またはPHS電話番号
その他(お客様が買取りを希望される商品などの情報)

個人情報の利用目的による制限。
適正に個人情報を取得し、偽りその他不正の手段により取得することはありません。
個人情報を取り扱うにあたって、ご利用者から入力頂いた買取り依頼やお問い合わせなどの利用以外の目的には、一切使用致しません。
サービスに当該個人情報は提供を同意された場合及び法律上提供しなければならない場合以外は、第三者に提供することは一切いたしません。