リサイクルショップの中古品は、状態に気をつけよう

リサイクルショップの中古品を購入時に気になる事は、値段もそうですが、やはり商品の状態が一番気になりますよね。
リサイクルショップで商品を購入する場合は、必ず商品の状態をよく見てから購入するようにしましょう。

欲しかった、探していた商品を見つけて、定価を考えた時に、頭のそろばんを弾き、「おっ!安い」と思っても、実際によく見てみると、使用感がひどくてこれでは普通に使えない、ということが多々あります。

目で見て確認出来る状態もそうですが、保存している時のニオイなどにも気をつけましょう。

取り除くことが難しい中古品独特のニオイなのか、商品独特のニオイなのか、その辺りにも気をつけましょう。

買ったはイイがニオイの酷さ、見落とした状態の悪さなどで、着れないor使用出来ない。となると、「安物買いの銭失い」になってしまいます。

 

リサイクルショップで販売されている商品はほとんどが中古品です。

ですから、新品同様のクオリティを期待してはいけませんが、全ての商品が破格で販売されているというわけでもないので、あまりに状態が悪いようであれば、購入をもう一度考えて直したほうがいいかもしれないですね。

値段の安さ、探していた商品を見つけた喜び、一瞬の判断だけで購入しないようにしましょう。購入する時こそ、冷静になりましょう。

未使用品、新品タグ付の商品であっても、すべて一度は誰かの手に渡っている物ですから、その辺りを理解したうえで、リサイクルショップは利用しなければなりません。
お店によっては、商品の状態を表すのに、ランク分けをしてA~Eなのど表記をしてくれているお店もあります。

しかし、商品の状態や価値観の判断・基準はそれぞれ個人差があります。

自分にとっては非常に価値あるモノでも、人によってはガラクタや不用品になる。そういった理由で、使用感や保存状態などの捉え方が店側とお客さんで全く場合があります。

そこは、自分自身納得して購入するようにしましょう。

特に古着に関しては、商品の記載情報以外に細かい傷みやダメージなどがある場合もあります。中古衣類は見る人、着る人、興味ある人によって大きく価値観が異なります。

購入後のトラブルを避けるためにも、確実に自分の目で見て、手にとって、しっかりと確認してから購入しましょう。

中古商品、リサイクル品に関して神経質な方、完全な商品を希望される方などは、最初から中古品ではなく新品を購入されることをおすすめします。